HOME > 新着情報 > 6ページ目

新着情報 6ページ目

日常生活における肩こりの原因

katakori.jpg辛い肩こりにマッサージや湿布で対処しても、効果は一時的なもので気休めにしかならず、原因を探らない限り根本的な改善は難しいです。だからと言って肩こりを放っておくと、頭痛しびれといった症状も引き起こしかねず、慢性化させてしまった結果、整形外科や神経内科での治療が必要になるケースもあります。そこで、こちらでは日常生活における肩こりの原因についてご紹介いたします。

・体力低下と省エネモード

近くのコンビニやスーパーへ行くのにも車を使ったり、階段を避けてエスカレーターやエレベーターに乗ったり、便利で楽な方法を選択していませんか?エネル ギーの消費量を極力減らしてしまうと、少ないエネルギー(体力)でまかなえるよう省エネモードに仕組みが変わり、体力だけでなく筋力も落ちます。体を動か す機会が減らされてしまう省エネの生き方は、体力低下以外にも体温を低下させ、運動能力も低下させてしまいます。冷えやすい体は肩こりを引き起こしてしま う原因となるため、積極的に体を動かすように心掛けることが大切です。


・準備せずに始める激しい運動

体力低下を防ぐために、運動を取り入れようとすることは素晴らしい心掛けですが、何の準備もせずいきなり激しい運動をすると、筋肉への負担が大きくなって しまいます。日常生活に運動を取り入れるのであれば、筋力トレーニングをしっかりと行い、筋肉にいきなり大きな負担を掛けないようにしてください。骨格に 歪みがあるままに運動をしてしまうことで、かえって歪みが大きくなってしまう場合もありますので、運動をしようと思い立った時には、いったん整体院で骨格 矯正を行ってから、開始することをオススメします。


・肥満体型

現代人の食生活は昔と比べて大きく変わりました。ハンバーガーやパスタといった料理をよく食べているという方も多いのではないでしょうか。こういった料理 はカロリーが高く、肥満の元となってしまいます。体重が増えることで、骨盤や背骨に大きな負担が掛かってしまうことになります。また、体が重くなること で、体を動かすことにも億劫になってしまいます。
その結果、運動不足になりさらに体重が増え、骨盤や背骨への負担を大きくしてしまう悪循環に陥ってしまうので、早めの改善をおすすめします。


国民病とも呼ばれている肩こりに悩まされている方は、茨城県つくば市にある当院をご利用ください。
当院では、基本整体法を用いた施術を行っております。天久保や春日お住まいの患者さんも沢山いらっしゃいますので、辛い肩こりにお悩みの方や骨盤矯正に興味がある方は、ぜひ当院へお越しください。


呼吸の重要性

seitai-kaeru_033.jpg人間は、生きていくために必ずしなければならない3つのことがあります。

1つめは、食べること(水分を摂ること)。最近は、不食で生きているという人もいますが、基本、生きていくための栄養(エネルギー)を食事から得ています。

2つめは眠ること。睡眠も、まれに超短眠で大丈夫という人もいますが、全く寝ずに生きていくことは出来ません。

そして3つめが呼吸。当たり前すぎて、その重要性が結構忘れていたりしますが、3日何も食べなくても、寝なくても何とか生きられますが、3日呼吸しないで生きることは出来ません。3日どころか10分も息を止めていられません。

そういった意味からも呼吸は、何にも増して重要なことだと言えると思います。

・呼吸の役割
一般に、呼吸は酸素を取り入れて、体内の二酸化炭素を外に出すものとして認識されています。
もちろん、それはその通りですが、実は体内の毒素も外に出す役割も果たしています。その排毒(デトックス)はとても大切なことなのですが、普段の呼吸が浅いと肺の中の空気を吐ききれなくて、肺に残った空気中の毒素は、再び体に吸収されてしまいます。
この状態が長く続けば、体にとって良くないのは言うまでもないことです。

・酸素が不足すると
そして、息が浅くて体に取り込まれる酸素の量が少ないと、どうなるでしょうか?

筋肉中の酸素が不足すると筋肉は固くなり、柔軟性が失われていきます。これが肩こりの大きな原因の一つです。
また、脳への酸素の供給量が足りないと、頭がぼやけて仕事をしていても効率が悪くなりますし、頭痛も引き起こします。精神面でも、ネガティブ思考になり、ますます体は閉じて、姿勢も悪く猫背になり、さらには腰痛やひざ痛も起こします。
そして、また横隔膜が固くなり、さらに呼吸が上手く出来なくなるという悪循環のサイクルにはまってしまいます。

リンパ整体院かえるでは、呼吸の重要性を患者の皆さんにお伝えすると共に、必要に応じて、呼吸が楽にできるように、横隔膜を緩めたり、胸郭を広げる施術も行っております。ご希望があれば、声楽家も使っている腹式呼吸の方法もお伝えいたします。

「むくみ」をもたらしてしまう習慣

asinomukumi.jpg女性にとって関わりたくない悩みの1つに「むくみ」があり、太って見られやすいむくんだ状態は、好きなコーディネートができないなど、お洒落の幅を狭めてしまいます。こちらでは、そんな「むくみ」を引き起こしてしまう習慣についてご紹介いたします。

・座りっぱなしや立ちっぱなし

座りっぱなし・立ちっぱなしで長時間同じ姿勢が多い場合、ふくらはぎが疲労し、筋肉がきちんと役割を果たせなくなってしまいます。特に、ふくらはぎは大き な血管が通っているのに心臓から遠く、血液やリンパの循環は重力によって支障をきたしやすい部分です。血液やリンパの循環が滞ると、細胞間液が血管に戻れ なくなり、体内に水分として溜まってしまうのでむくみを引き起こします。デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢が長時間続くお仕事をされている方は、日頃から疲労を溜めないよう解消して、1時間置きに歩くように心がけましょう。
 

・食生活の乱れ

インスタント食品には多くの塩分が含まれています。塩分を摂り過ぎると血中の塩分濃度が高くなり、血管や細胞の外に余分な水分が溜まりやすくなるため、むくみの原因となります。また、水分の摂り過ぎはむくみに繋がりやすいですが、特にお酒が好きな方は要注意です。なぜなら、お酒を飲みすぎると、いわゆる二 日酔いの状態となって脱水症状を起こしてしまうため、大量の水を欲するようになります。さらに、血管も拡張されるため、摂取した水分が血管から出されてむくみを生じやすくなります。暴飲暴食による塩分の摂り過ぎや、アルコールの過剰摂取には十分気をつけながら、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。
 

・フィットしていない靴や下着を履く

「お洒落のためなら多少の我慢は仕方がない」という考えは、女性に多いと思います。フィット感よりもデザイン性重視で、靴や下着を選んでいる方も少なくありません。しかし、血液やリンパ管はほとんどが体の表面にあるため、サイズ違いの靴や下着に圧迫されてしまうと、循環が悪くなりむくみを引き起こしてしまうのです。靴や下着は、デザイン性だけではなく、フィット性も重視して選ぶようにしましょう。

お洒落が好きな女性にとってむくみは天敵であり、慢性化してしまうと治すのが困難になってしまいますので注意が必要です。

つくば市にある当院では、むくみ改善を図りたい方向けの施術を行っております。
むくみだけではなく、肩こり腰痛などの悩みにも対応しておりますので、痛みの緩和を図りたい方や病院で治療を受けようと考えている方はご利用ください。


腰痛に悩まされているのは大人だけではない

seitai-kaeru_049.jpg子どもだって大人同様、腰の痛みを引き起こす原因ゆがみを持っていて、スムーズにゆがみを治すことができるかは、早い段階での対応にかかってきます。そこでこちらでは、子どもの腰痛についてご紹介いたします。

・子どもと腰痛

腰痛というと、一般的に大人が抱える悩みといったイメージを、持たれている方がほとんどではないでしょうか。
実際、鍼灸院や治療院などへ通っている大半は大人で、そういった場所で子どもを見かけること自体珍しいことです。
いつも元気いっぱい遊びまわっている子どもは、腰痛なんて無縁だろうと思っているかもしれませんが、子どもでもぎっくり腰などの腰痛を抱えることがあるのです。


・背骨の異常

成長過程でまだまだ未完成な子どもの骨は、大人に比べて柔らかいことが言えます。成長過程であるにも関わらず無理な負担をかけてしまうと、腰痛を引き起こ してしまうのです。強い痛みを伴う場合はすぐに気づくことができますが、痛みが弱い場合は本人でさえ気づかないこともあります。子どもの頃にしっかり対処 をしておかないと、大人になってから慢性腰痛の原因にもなってしまうケースもあります。「子どもだから腰痛にはならない」と、決めつけないでしっかりと適 切な対処をとるようにしましょう。


・運動不足

テレビゲームをしたりマンガを読んだりと、室内にいることが多くなってから、近年、子どもの体力低下が懸念されています。
また、昔と比べて習い事や塾に通っている子どもは多く、時間に追われる忙しい子どもが増え、友達同士で遊ぶ時間が減っているかもしれません。体力低下が腰 痛・肩こりを招くように、子どもの内から腰を支えている筋力が低下してしまうと、骨盤を正しい位置で保つことが難しくなってしまいます。


・筋肉の使い過ぎ

スポーツをして体を動かすことは子どもにとって良いことですが、筋肉を使いすぎてしまうと、筋肉や筋肉を包んでいる筋膜が炎症を起こしてしまいます。子ど もの疲労回復スピードは大人と比較すると早いため、腰痛を感じるほどひどくなってしまうことは珍しいですが、運動は適度に行うのが1番です。


子どもでも安心して施術を受けられる整体院をお探しの方は、つくば市にある当院をご利用ください。
つくば市天久保にある当院では、赤ちゃんからご高齢の方まで男女問わず施術を受けられるよう、ソフトな施術を行っております。

 


積極的に受けたい産後の骨盤矯正

20160304123046-c2a7bc00d9b42c05000ff88808f3c43c31cc658d.jpg産後、「元の体型に戻らなかったらどうしよう」と、不安を抱えている妊婦さんは多くいらっしゃると思います。
一度増えた体重を元に戻すことは簡単ではなく、産後は赤ちゃんにつきっきりになるため、自分磨きをしている時間も体力も限られてしまいます。また、出産時に大きく開いた骨盤は、出産を終えれば元の状態に戻るというほど単純なものではありません。

・開いた骨盤は連鎖的に影響をもたらす

一般的な骨盤矯正は、ゆがみを正しい位置に戻すのに対し、産後の骨盤矯正は妊娠・出産の準備に伴う骨 盤の開きを矯正するものです。産後、大きく開いた骨盤にゆがみが生じたままにしておくと、太りやすくなるだけでなく、新陳代謝の低下や免疫力低下を引き起 こしてしまいます。また、将来的に婦人科系トラブルを招いてしまったり、産後ウツになってしまう 可能性もあるため、産後は積極的に骨盤矯正でケアすることをおすすめします。


・産後ダイエットの効率UPに期待

産後の開いた骨盤を正しい位置に戻すことで、ママになる女性にとって嬉しいメリットが数多くあります。
施術を受けることによって、上半身と下半身のバランスが整えられると、正しい位置に戻った内臓は元気に働くようになり、産後ダイエットを効率良くサポートしてくれます。また、バランスのとれた体は疲れにくく、代謝が上ることで子育てに必要なエネルギーを効率良く使えるようになります。リバウンドという失敗を恐れることなく、効率の良いダイエットの準備に骨盤矯正は欠かせません。


・美しくなるチャンスがいっぱい

赤ちゃんの誕生とともに得られる幸せは、安堵感や達成感だけでなく、美しくなるチャンスが沢山待っているということです。
大きく開いた骨盤を正しい位置に戻すということは、妊娠前より骨盤の可動域が改善されますので、腰周りの大腰筋の血行も良くなります。そのため、基礎代謝 の向上に期待ができ、血液とリンパの流れもスムーズになって、お肌に栄養が行き届くようになります。もちろん、強張った筋肉が柔らかくなりますので、足痩せを目指している方にも最適です。

つくば市にある当院の施術はソフトに行うため、初めて整体院で骨盤矯正を受けるという方でも安心して足をお運びいただけます。その他メニューや料金に関して気になった方はお気軽にお問い合わせください。


肩こりを放置することで起こる弊害

seitai-kaeru_035.jpg人間の体は肩に負担が掛かりやすい構造になっているので、誰でも肩こりを発症する可能性があります。

肩こりは肩の痛みだけと考えている方は多いかと思いますが、慢性化すると肩の痛み以外にも様々な症状を引き起こして治療が必要になることもあります。こちらでは肩こりを放置することで起こる弊害をご紹介しています。

・眼精疲労を引き起こす

眼精疲労は目の筋肉が緊張することで発症する症状ですが、肩こりが原因で眼精疲労になることがあります。
肩こりは肩の筋肉が緊張して疲労が蓄積することによって発症し、肩の筋肉が緊張すると目の筋肉も緊張させてしまいます。
肩こりを放置していると次第に目の筋肉にも疲労が蓄積してしまい、眼精疲労を引き起こすのです。

肩こりと眼精疲労はお互いに誘発しあう関係がありますので、目の疲れが取れない場合は肩こりが原因となっている可能性があります。


・しびれを感じる

肩こりが悪化してくると肩の部分だけでなく腕の筋肉も緊張してくるので、指先まで十分な血液を送ることができなくなってしまいます。血液が十分に届いていないと指先にしびれを感じることがあり、指先がしびれてしまうと自由に動かすことが難しくなるので日常生活に影響を与える可能性があります。


・自律神経のバランスが乱れる

肩の痛みはストレスを感じる原因となり、肩の痛みが長期間続いているとストレスによって自律神経が乱れてきます。
自律神経は活動時に機能する交感神経とリラックス時に機能する副交感神経のバランスが保たれることで健康を維持しているのですが、自律神経のバランスが乱れると疲労を解消することが難しくなります。

つくば市整体院をお探しの方は、当院をご利用ください。肩こりをはじめ腰痛むくみ、しびれなど気になる部分を集中的に改善していく施術を行っており、ソフトな施術で筋肉とリンパの流れにアプローチいたします。
また体のメンテナンスを目的としたコースや骨格矯正コース、全身ケアコースといったメニューもご用意していますので、体に疲労や痛みを感じた際はお気軽にご相談ください。
 


ホームページリニューアルしました!

seitai-kaeru_187.jpg

<<前のページへ123456

アーカイブ

上へかえる