HOME > 新着情報 > アーカイブ > 2017年4月

新着情報 2017年4月

呼吸に注意!

 整体院に来られる方は、肩こり頭痛を訴えて来られることが多いのですが、そういった方々を診ていて思うのは、ほとんどの方の呼吸が浅いということです。深い呼吸が体に良いことは皆さん分かっていらっしゃるのですが、深呼吸してみてくださいと言っても、本人は深く呼吸しているつもりでも、傍目から見るとかなり浅い呼吸になっています。
 
 呼吸が浅くなると、血液中の酸素が少なくなり身体の隅々に酸素が行き渡らなくなりますから、筋肉が硬くなり、前述のような肩こり頭痛をはじめ、頭がぼうっとしたり、気持がふさぐ鬱のような精神症状、冷えなどに悩まされることになります。
 
 この様な事にならないために、姿勢に気をつけ胸を圧迫しないことが大切です。前回のニュースレターでお伝えしたスマホ首になるような姿勢にも気をつけたいものです。
 また、考えごとをしたりパソコンなどで仕事に集中している時、ゲーム等に熱中している時などに息を詰めていたり、身体に力が入り過ぎていたりすることも、呼吸を浅くして体を固める原因になります。適度な休息を心掛けましょう。
 
 そして、固まってしまった時は軽い運動など身体を動かすことも大切です。走ったり少し激しい運動をした後に息が荒くなるのは、足りない酸素を多く取り込もうとして肺の動きが活発になる、身体の働きです。人間は本来、身体に必要な酸素を補うのに十分な深い呼吸が出来るようになっているはずなのですが、あまり身体を動さないで、悪い姿勢でじっと固まっていると、横隔膜が硬くなり、最低限必要な量の呼吸しかできなくなってしまいます。人間は動くものだということを忘れないで体を動かしましょう。
 
 それでも身体が固まりすぎていて無理をすると体を痛める可能性もあります。意識しても正しい姿勢にすることができない、忙しくて身体を休める暇もない、というように、自分でどうしようもない場合は、整体院にかかるなど、誰かの手を借りて正常な状態に体を戻すことも時には必要かもしれません。
 20170402115441-b45cfcc5de591ae08a3599a38d1bd2b0bf2cab05.jpg
 リンパ整体院かえるでも、呼吸に問題があると思われる方には横隔膜を緩める施術を行っていますが、施術後は呼吸がかなり楽になり、頭がハッキリして視界が開けた感じがすると皆さん言われます。胸部が緩むことによって、姿勢も良くなり気分も明るくなります。
 リンパ整体院かえるで呼吸を楽にして、新しい気分で春を迎えてみてはいかがでしょうか!

1

« 2017年2月 | メインページ | アーカイブ | 2017年7月 »

上へかえる